みなさん、こんにちは!

 

 

昨日に続き、引続きをご覧下さい!

 

どのような「トータルコストを考えたのか?」

 

 

では、どうぞ!!

 

 

 

Y様は「どういうことですか?」

 

弊社では「毎月のその他の支払いに」焦点合わせをしたのです。

 

毎月の支払いには「変えられるもの、変えられないもの」があります。

 

変えられないもの代表としては「学費、食費、ガソリン代」

変えられるものの代表としては「保険、携帯代」

 

ここで『保険と携帯電話』の改善策を立てました。

 

Y様ご家族はご両親から紹介された生命保険にご加入されていました。

 

ご主人様は毎月23,000円、奥様は7,500円、お子様の学資保険は毎月1万円(2人分)

 

トータル40,500になります。

 

そこで、弊社では現在の保障内容を下げることなく逆にお子様も増えるので保障を上げて提案し、ご主人様の保険料を毎月7500、奥様の保険料を毎月3,500に削減、たばこも吸っていなかったので予想以上に安くなったのでお客様もビックリ!されていました。

学資保険は将来の為にそのままにしました。

 

さらにこれだけでは終わりません!

 

携帯電話を見直しすることも提案!

 

現在、ソフトバンクのスマホを使っていたので月々の支払いは2人で16,000円をUQモバイルにして2人で8,000まで削減!

 

トータルコストがなんと・・・・

 

27,500円も削減に成功!!

 

トータルコストだけで考えると・・・

 

現在の賃貸アパートではトータル126,500

今後の生活はトータル119,000

 

これもトータルで考えましょう♪

 

家もアパートから新築一戸建て♪

車も小さい車からワンボックスに乗り換えて♪

保険は現在の内容よりも良くなり♪

携帯はちょっと不便かもしれないけれど・・・

 

今よりも生活費の出費が7,500円安くなってしまいました♪

 

 

 

私たちの仕事は「お客様の予想をはるか上回る」ことを心がけています。

 

 

住宅ローン専門館 

 

http://place-le.co.jp